ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

宮崎名物「あくまき」を食べてみました。

お土産

宮崎名物「あくまき」を食べてみました。
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

あくまきって?

灰汁に漬け込んだもち米を竹の皮で包み、灰汁で煮た郷土菓子です。
灰汁で煮るともち米の皮がなくなり、ついていないのにお餅のようになります。

なぜ灰汁で煮たのか?

いつ誕生したのかは諸説あるようですが、いずれにしても戦争のための兵糧として作られたようです。
灰汁で長時間煮ることによって抗菌作用が増し、常温で一週間は持ちます。

お土産屋の店員さん曰く、
冷蔵庫で保存するとお米の状態に戻ってしまうそうです。

一週間のうちに食べ切りましょう!

食べてみました

手に入ったらこの皮の匂いを嗅いでみてください。
ここでは敢えてどういう匂いかは書きませんが…キョーレツです!
嗅げばわかります。

あくまきを切ったところ

これが切ったところ。
美味しそう、、かな?


味付けはしていないので、適当な大きさに切ってからきな粉と黒糖(きび砂糖でもよい)と一緒にいただきます。醤油を足しても合います。

食感としては葛餅に近いです。
葛餅よりもっとモチモチになった感じ。




だがしかし、、後味にエグ味があります。これが葛餅やわらび餅とは決定的に違う。

このエグ味がダメな人とクセになる人に別れると思います。

「うー」と思いながらついつい手が伸びる。。。こんな感じですね。

地方のお土産も似たり寄ったりなものが多い昨今、たまにはこんな個性的なお土産はいかがでしょうか。

ちなみにネット通販でも買えます。

今回ご紹介したのは味のくらやさんのあくまきでした。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!